暗順応 | 大作商事

暗順応の意味・基礎知識

暗順応 (あんじゅんおう) dark adaptation
暗順応とは、可視光量の多い環境から少ない環境へ急激に変化した場合に、時間経過とともに徐々に視力が確保される、動物の自律機能のことをいいます。暗さに目が慣れる順応を「暗順応」、まぶしさに目が慣れる順応を「明順応」といいます。 杆体(かんたい)という細胞が暗いところで働き、視野の周辺部が比較的よく見え、色は感じません。
◆-----------------------------------------------------◆
 わかっているようで実はよくわかっていなかった?
 光源、光束、照度、光度、輝度の違いと意味
◆-----------------------------------------------------◆

iEL照明(インダクションエコライト)

工場照明・倉庫用無電極ランプ

iEL照明のお問い合わせ
Webによるお問い合わせ
『iEL照明』に関するお見積り、資料請求およびお問い合わせ

電話によるお問い合わせ
大作商事株式会社 インダストリアルプロダクト部門
電話:03-3539-5900
営業時間 9:00〜18:00(土日祝祭日および弊社休業日を除く)

※外部サイト

 

工場・倉庫・作業員の暑さ対策に!マジクール【労働安全衛生法徹底アイテム】
ページTOPへ
韓国大手自動車工場
メタハラ灯92000灯をiEL照明に交換し16億2000万円/年の削減を実現。

カーコンビ二倶楽部e919様
月に約4万円の電気代が削減され、初期コストの置き換え償却年数は約1ヶ月という結果が出ています。

精密部品メーカー様
年間170万円のコスト削減を実現。
大作商事は温暖化防止のための国民的運動「チャレンジ25キャンペーン」に賛同しています。 大作商事は温暖化防止のための国民的運動「チャレンジ25キャンペーン」に賛同しています。
Copyright © 2021 Daisaku Shoji Ltd. All Rights Reserved.