照明率 | 大作商事

照明率の 意味・基礎知識

照明率 (しょうめいりつ) utilization factor
照明器具の光源が発する全光束の中の、ある面上に達する光束の割合のことです。(記号:U)
この値は、照明器具の種類や形状、取り付け方法、壁、床、天井の色彩、部屋の間口などの反射率によって異なります。
実測をもとにしたデータが必要となり、メーカーは各照明器具毎に室指数と反射率とを組み合わせた照明率表を示しています。

全般照明用の照明器具から出た光は作業面を明るく照らしますが、この明るさには、照明器具から直接作業面に届く光や、天井から反射する光、壁から反射する光、及び床の反射を含めて何度も反射を繰り返した光が相加されています。
しかし、照明器具から出た光は、器具内の反射板などで吸収されたり、天井・壁・床や家具などで反射するたびに吸収されるため、照明率は一般的には1より小さくなります。

◆-----------------------------------------------------◆
 わかっているようで実はよくわかっていなかった?
 光源、光束、照度、光度、輝度の違いと意味
◆-----------------------------------------------------◆

iEL照明(インダクションエコライト)


iEL照明のお問い合わせ
Webによるお問い合わせ
『iEL照明』に関するお見積り、資料請求およびお問い合わせ

電話によるお問い合わせ
大作商事株式会社 インダストリアルプロダクト部門
電話:03-3539-5900
営業時間 9:00〜18:00(土日祝祭日および弊社休業日を除く)

※外部サイト

ページTOPへ
Copyright © 2021 Daisaku Shoji Ltd. All Rights Reserved.