保守率 | 大作商事

保守率の意味・基礎知識

保守率 (ほしゅりつ) maintenance factor
照明計算に使用する数値で、照明施設における初期の平均照度が、時間の経過とともに低下してくる割合を予測した値を、保守率と呼びます。(記号:M)
照明設計する際に、一定時間経過後においても所要の明るさを確保するための補正係数で、 照明器具を長期間使用すると、ランプの光束低下や照明器具の汚れ・天井や壁の汚れ等によって照度が低下するため、照明設計時に照度の低下を補うために保守率(補正係数)を用いて計算します。

この保守率には、照明器具の周囲の環境条件(塵埃の程度など)、使用するランプの種類、照明器具の構造、照明設備の保守管理方法などがあります。 なお、照明計算に使用する保守率としては、「(社)照明学会・技術指針:JIEG-001(1987)照明設計の保守率と保守計画(改正版)」で一般的に推奨される値が示されています。

◆-----------------------------------------------------◆
 わかっているようで実はよくわかっていなかった?
 光源、光束、照度、光度、輝度の違いと意味
◆-----------------------------------------------------◆

iEL照明(インダクションエコライト)

工場照明・倉庫用無電極ランプ

iEL照明のお問い合わせ
Webによるお問い合わせ
『iEL照明』に関するお見積り、資料請求およびお問い合わせ

電話によるお問い合わせ
大作商事株式会社 インダストリアルプロダクト部門
電話:03-3539-5900
営業時間 9:00〜18:00(土日祝祭日および弊社休業日を除く)

※外部サイト

ページTOPへ
韓国大手自動車工場
メタハラ灯92000灯をiEL照明に交換し16億2000万円/年の削減を実現。

カーコンビ二倶楽部e919様
月に約4万円の電気代が削減され、初期コストの置き換え償却年数は約1ヶ月という結果が出ています。

精密部品メーカー様
年間170万円のコスト削減を実現。
大作商事は温暖化防止のための国民的運動「チャレンジ25キャンペーン」に賛同しています。 大作商事は温暖化防止のための国民的運動「チャレンジ25キャンペーン」に賛同しています。
Copyright © 2021 Daisaku Shoji Ltd. All Rights Reserved.