明順応 | 大作商事

明順応の意味・基礎知識

明順応 (めいじゅんおう) light adaptation
明順応とは、可視光量の少ない環境から多い環境へ急激に変化した場合に、時間経過とともに徐々に視力が確保される、動物の自律機能のことです。まぶしさに目が慣れる順応を「明順応」、暗さに目が慣れる順応を「暗順応」といいます。 錐体(すいたい)という細胞が主として働いている状態です。 また、暗順応、明順応にかかる時間は人それぞれですが、普通、暗順応の方が明順応より長い時間がかかると言われています。

◆-----------------------------------------------------◆
 わかっているようで実はよくわかっていなかった?
 光源、光束、照度、光度、輝度の違いと意味
◆-----------------------------------------------------◆

iEL照明(インダクションエコライト)


iEL照明のお問い合わせ
Webによるお問い合わせ
『iEL照明』に関するお見積り、資料請求およびお問い合わせ

電話によるお問い合わせ
大作商事株式会社 インダストリアルプロダクト部門
電話:03-3539-5900
営業時間 9:00〜18:00(土日祝祭日および弊社休業日を除く)

※外部サイト

ページTOPへ
iEL照明カタログ カタログをPDFでダウンロード頂けます。(別ページへ移動します。)

搾乳量大幅アップ!

牛舎向け最適照明iEL
インダクションエコライトで乳牛のストレスになるブルーライトをカット。

詳細はこちら
農林水産省と連携し「つながる農業技術サイト」に掲載

明るく見やすい!
小キズも発見!
本来の色で見える!

鈑金塗装最適照明iEL

詳細はこちら

日刊自動車新聞に取材掲載されました。

日刊自動車新聞
詳細はこちら
Copyright © 2021 Daisaku Shoji Ltd. All Rights Reserved.